西調布ハーモニー歯科クリニック

  • 東京都調布市上石原2-40-1
  • 042-426-4064
  • WEB予約
  • 求人

一般歯科・ドックスベスト

虫歯

虫歯の原因

虫歯

歯垢(プラーク)に含まれる細菌(ミュータンス菌)は糖分やタンパク質を分解して酸を作り出します。作られた酸が歯の表面を溶かし始め、虫歯を作り始めます。

フッ素(フッ化物)入りの歯みがき粉を使っていなかったり、甘いものをたくさん食べているのに虫歯がない人は、もともと持っている細菌の量が少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻してくれる働きを持つ「唾液(つば)」の力が強い人です。

虫歯は、以下の3つの要素が原因であると言われています。
1.歯質
歯質の表面に細菌の塊(プラーク)がくっついて、細菌が酸を酸性することで虫歯が始まります。生えたての乳歯や永久歯に高濃度のフッ化物を作用させることで歯質が強化されて虫歯になりにくい歯になります。また、細菌が作り出した酸で溶け始めた歯表面の再生を促す(再石灰化)ためにフッ化物や、カルシウムなどを含んだペーストを利用したり、同じく再石灰化作用を持つ唾液(つば)分泌を促進するためによく噛んだりすることが効果的です。
2.細菌
キシリトールやフッ化物には、虫歯の原因となる細菌の活動を抑える働きがあります。これらを活用したり、歯科医院でのメンテナンスで歯垢(プラーク)を除去した後に、お薬を使って除菌することもできます。細菌では、特定の乳酸菌を口に入れて、虫歯菌をやっつけてもらう「プロバイオティクス」も虫歯予防に効果的なことがわかり始めています。
3.糖分
糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、虫歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけましょう。

虫歯はこうして進行します

初期の虫歯
CO初期の虫歯

歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、痛みはありません。

この段階であれば、フッ化物使用方法、食習慣の変更、リン酸カルシウムペースト、キシリトールやプロバイオティクスを検討することで再石灰化へとバランスを傾け、歯の表面を健康な状態に戻すことが可能です。

歯の表面に穴が開き始めた虫歯
C1歯の表面に穴が開き始めた虫歯

初期の虫歯からさらに表面が溶かされると、実際に表面にくぼみや穴ができ始めます。ここまで進行してしまうと、もとの健康な歯の表面に戻ることはありません。

見える部分であれば、虫歯の治療を開始します。歯と歯の間にあって、レントゲンにしか映らないような小さな虫歯に関しては、積極的な予防ができる方、定期的にメンテナンスをさせていただける方は経過観察をする場合もあります。

この段階では、まだほとんど痛みはありません。

歯の内部まで進行した虫歯
C2歯の内部まで進行した虫歯

エナメル質の内側には象牙質があります。エナメル質に虫歯ができて虫歯予防をしない場合、数年で虫歯が象牙質まで進みます。ここまで進行すると虫歯の部分が黒く見えることが多くなり、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

神経まで進行した虫歯
C3神経まで進行した虫歯

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄があります。象牙質まで虫歯が進んでから虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまうと歯髄炎となり、歯がひどく痛みだします。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなり、歯の寿命が大きく縮む可能性が高まります。

歯の根(歯質)が失われた歯
C4歯の根(歯質)が失われた歯

虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

ドックスベストセメント

銅イオンを多く含む歯科用のセメントです。銅イオンには殺菌効果がることが分かっていて、虫歯菌を殺菌することができます。虫歯がC2〜3程度まで進行している場合、このセメントを使って神経を残せる可能性が高くなります。神経を残すことに成功した場合、歯の寿命を大幅に伸ばすことができます。
歯を削る量を減らす効果もあります。

料金

ドックスベストセメント 3000円

(ドックスベストセメントを使用した場合詰め物や被せ物は保険適応外となります)

  • 例)ドックスベストセメント+ハイブリッドダイレクトボンディング 3000円+16000円=19000円
  • 例)ドックスベストセメント+保険と同じ材質の金属の被せ物(クラウン)10割負担 3000円+30000円=33000円

被せ物の材質は、虫歯の大きさや患者様のご希望によってご提案させていただきます。

歯の根管治療について

根の治療は細かい作業であり、とても難しい治療です。通常、根の治療は症状により薬を代えたりして数回かかる場合があります。

当院ではラバーダム防湿法を用い、1根管1回(前歯は1回、奥歯は3回)の治療を目標に、なるべく最小限の回数で治療を行うように心がけております。

ラバーダム防湿法

ゴム製の膜を使い、治療対象の歯を細菌から遮断しながら、口腔内、常在菌の無い状態で処置を行います。