西調布ハーモニー歯科クリニック

西調布ハーモニー歯科クリニック

MENU

お知らせ・ブログ

虫歯予防とライフステージ (20歳〜高齢者)


前回は、だいたい20歳頃になるまでの虫歯リスクについて書かせていただきました。

今回は、20歳からご高齢になるまでの期間の虫歯リスクについて書いていきたいと思います。

 

20歳〜30歳頃のポイント

20歳を超えて社会に出て行く頃になると、比較的自己管理ができるようになってくる世代です。

ただし、社会人なりたてで忙しく生活リズムが乱れている方、飲食業の調理担当の方などは、食生活のコントロールが難しいため、虫歯リスクが上がることがあります。お忙しい中で、大変かと思われますが、やはり、歯医者さんや衛生士さんなどの専門家と相談して、無理のない範囲で虫歯予防を心がけましょう。

25歳を過ぎてくると、虫歯の他に歯周病(歯茎の炎症)を発症される割合が増えてきます。虫歯と歯周病は、歯を失う2大原因なので、この時期を過ぎると両方に対してケアが必要となります。

ストレス社会で、心療内科で薬を貰っている方や、喫煙を始めた方は、唾液量が減少し、虫歯リスク、歯周病リスクが上がりますのでお気をつけください。

 

30歳〜50歳頃のポイント

30歳から50歳までは国民の口腔内調査(歯科疾患実態調査)では虫歯の数はそれほど増加しないような時期となります。

しかし、安心はできません。
この時期は過去に治療した歯が古くなりどんどん悪くなり失われる場合が多いのです。
30歳までになるべく歯を削らないようにしなければいけません。

ムシ歯と共にに歯周病の進行にも注意が必要になってきます。
40歳以降とくに50歳を越えると徐々に進行した歯周病が原因で歯を失う方が多くいらっしゃいます。
30歳代で歯周病が進行している人は歯周病のリスク(危険性)の高い人ですので,特に注意が必要です。
歯周病は初期の内に完全に治療し、メンテナンスを続けるのが最も効果的です。進行してしまうと歯を支える骨が溶けてしまい、溶けてしまった骨を完全に再生させることは困難になります。また、治療によって一回改善したように見えても、メンテナンス、セルフケアが不十分だと、再び悪化してしまうことがわかっています。

虫歯と歯周病は人によってそれぞれリスクが違い、ケアの仕方も変わってくるので、予防歯科の歯医者さんや衛生士さんと相談しましょう。
メンテナンスの期間は個人のリスクによりますが、虫歯、歯周病の両方低リスクと診断された方も、6ヶ月〜1年に1回は検診を受けた方が良いと思われます。

 

50〜60歳頃のポイント

50歳頃まで一般的に虫歯リスクは、ある程度落ちつく方が多いです。しかし、歯周病や歯軋りをお持ちの方は、徐々に歯茎が下がって、歯の根っこの表面が露出される場合があります。根の表面は、柔らかい象牙質という部分になるため、50歳を過ぎたあたりから、再び虫歯リスクが上がってくる方が多くなります。

根の表面が見えてきた場合、表面が削れてしまっている方はプラスチックで詰めた方が汚れが溜まりにくく、虫歯リスクをコントロールしやすくなります。

根の表面が見えてきた方には、高濃度フッ化物の塗布が有効と言われています。メンテナンスの時に一緒にやってもらうと虫歯リスクを下げることができます。

 

歯が所々抜けてしまった方も多くなります。歯が抜けた部分には、通常入れ歯や、ブリッジ、インプラントを入れて噛めるように治療しますが、全て自分の歯の方に比べて歯磨き時の注意点が増えていきます。

ご自分の歯に汚れをためず、唾液やフッ化物がいきとどくように、毎日のケアを気をつけましょう。

歯磨きの仕方は、定期的に指導を受けると、受けていない方に比べてモチベーションが下がりにくいと言われています。できれば歯医者さんや衛生士さんに、1年に1回程度は指導を受けた方が良いと思います。

 

60歳〜のポイント

60歳を超えてくると、全身健康状態の個人差が大きくなっていきます。

今までとまったく変わらずに、毎日の食生活、口腔ケアをできて、持病がない方は、虫歯リスクに影響はありません。

持病をお持ちの方は、内服薬によって虫歯リスクや歯周病リスクが上がる場合があります。

また、徐々に体の機能が衰えて、口腔ケアを自分では今まで通りできない方も増えてきます。

かかりつけのお医者さん、歯医者さん、衛生士さん、ご家族や介護をしてくださる方と相談して、口腔ケアのプログラムを検討してきましょう。

手の動きに自信がない方は、電動歯ブラシを検討するのも良いと思います。

全身の健康は、お口の健康、食事から始まると言われています。

これまで、赤ちゃん〜ご高齢までのライフステージごとのお口の変化を書いてきましたが、最期まで自分の歯で、好きな物を食べていけるように、当院でもお手伝いをして行きたいと思っています。

 

調布市 西調布ハーモニー歯科クリニック

川上壮

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ