西調布ハーモニー歯科クリニック

  • WEB予約
  • 求人

MENU

インプラントについて

当院のインプラントの特徴

  • 信頼性の高いインプラントメーカーを使用しています。
  • 安全性を高め、精度を高めるために、手術時に使用するガイドを作製します。
  • 手術時の不安、疲れを無くすために、静脈内鎮静を併用することができます。
  • 長く、安心して使っていただくために、保証をつけています。

インプラント

インプラント治療とは、虫歯や歯周病の進行、打撲などの外傷のほか、先天的な原因などにより歯を失った場合に、歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。インプラント治療は、なくなった歯が一本の場合から、すべてなくなった場合まで有効です。

インプラントのメリット

インプラントに使われるチタンは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができ、治療後は違和感がないため、天然の歯と変わらないかみ合わせを実現できます。

また、残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりすることもありません。他の歯に負担をかけずに治療ができるのです。

インプラントと他の治療法との違い

インプラント インプラント
治療法

インプラント治療とは、虫歯や歯周病の進行、打撲などの外傷のほか、先天的な原因などにより歯を失った場合に、歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。

メリット
  • 噛む力が天然の歯の80%まで回復します。(ほとんど違和感はありません)
  • 周りの歯への負担が無い
  • 歯茎の内側から歯が生えているように見えるので、審美性に優れる。(ケースによっては天然歯とほとんど見分けがつかないような治療ができる場合もあります。)
  • たくさんの歯を失った場合でも、対応できる。
  • 固定式でも着脱式のどちらも作ることができる。
デメリット
  • 自由診療のため治療費が高額になる
  • インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要になる。
  • 治療期間が他の治療に比べて長くなることが多い。
  • 全身疾患の状態によってはインプラント手術を行えない場合がある。
ブリッジ ブリッジ
治療法

ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って被せ物ができるようにして、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

メリット
  • 保険の材料を使用すれば治療費を抑えられる
  • 固定式なので装着後の違和感が少ない
  • 噛む力は、天然歯の60%程度回復することができる。
デメリット
  • 土台となる歯が健康な歯であっても削る必要がある。
  • 削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる。
  • 支えになっている歯の噛み合わせの負担が大きくなり、割れたり歯周病が進行するリスクが高くなる。
部分入れ歯 部分入れ歯
治療法

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのバネをひっかけて固定する治療法です。

メリット
  • 保険適用の材料を使用した場合治療費が抑えられる
  • 条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
  • 着脱式なので、掃除がしやすい。
デメリット
  • 固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • 装着に違和感があることが多い
  • バネがかかっている歯に負担がかかり、ひびが入ったり、歯周病が進行しやすくなる。
  • 噛む力は天然歯の30%程度の回復となる。
  • 取り外して手入れする必要があり、手間がかかる。
  • 固定式ではないので、食事や会話中に外れる可能性がある。
総入れ歯 総入れ歯
治療法

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

メリット
  • ・保険適用の材料を使用した場合治療費が抑えられる
デメリット
  • 歯茎が瘦せるため、数年ごとの作り替えが必要
  • 装着の違和感、話しにくさがあることが多い
  • 支えがないため、食事や会話の最中に取れやすい。

治療に適する患者様・適さない患者様

治療に適した患者様
  • しっかりと物を噛みたい方。
  • インプラントを埋め込む顎の骨の量が十分ある方。
  • ご高齢でも健康であれば問題なく使用いただけます。
治療に適さない患者様
  • 疾患の程度によりますが、糖尿病、心疾患をお持ちの方は、手術を行えない場合があります。
  • 顎の骨の量が極端に少ない方。